民主党千葉県議会議員 矢崎けんたろうオフィシャルサイト  真・剣・勝・負

LOGIN
民主党千葉県議会議員 矢崎けんたろう
RSS | ATOM |
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




2017.10.18 Wednesday


衆議院議員選挙9日目の今日、山田あつし候補は、舞浜駅から活動スタートです。
昨日の朝とは打って変わって、爽やかな天気の下、山田あつし候補は今朝も元気一杯、皆さんに挨拶されていました。
選挙も残り4日間、悔いの残らない活動をしていきたいと思います。


日々徒然12:47|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.10.17 Tuesday


衆議院議員選挙8日目。
山田あつし候補は、舞浜駅から活動をスタートしました。
生憎の雨模様でしたが、今朝も多くの方々に挨拶することができました。
その後は、浦安市内の各地でスポット演説をしています。私も富岡地区で応援演説をさせていただきました。

候補に対する期待が日に日に高まって来ているように感じます。
皆さんのご期待に応えられるように、残りの選挙期間も山田あつし候補と共に全力で活動して参ります。


日々徒然12:51|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.10.16 Monday


衆議院議員選挙5日目は、市川駅で行われた山田あつし候補の演説会に立憲民主党幹事長の福山哲郎参議院議員が応援に駆けつけてくれました。

冷たい雨の夜、どれくらいの方が集まっていただけるのか大変心配していましたが、本当に多くの方々に集まっていただきホッとしました。ありがとうございました。

福山幹事長の演説は静かな語り口ながら、想いのこもった説得力のある内容でした。
私は司会進行役でしたので、福山幹事長の隣にいて聴衆の方々を見ていましたが、多くの皆さんが、福山幹事長の話しに頷いたり拍手をしたり、中には涙ぐむ方もいて、話す側、聞く側が一体になっていくように感じました。
福山幹事長の演説が終わった時には、会場にいた方全員で、「何としても山田あつし候補を当選させよう!」という熱気に包まれました。
「ガンバレ!山田あつし!!」のお声を候補自身をはじめ応援活動に関わっている仲間全員で受け止めました。

引き続きの応援を、よろしくお願いいたします。


日々徒然07:55|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.10.12 Thursday


衆議院議員選挙3日目です。
今朝は新浦安駅南口から活動をスタートしました。
山田あつし候補と共に、通勤通学される皆さんにご挨拶させていただきました。
多くの方に声をかけていただき、お力をいただきました。

十分な準備期間がないまま選挙に突入しましたが、山田氏は、朝日新聞記者、ジャーナリストの経験から、政治経済に関する深い知識を持たれており、候補としての準備は万端です!


日々徒然12:01|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.10.11 Wednesday


山田あつし候補の応援に立憲民主党の枝野幸男代表が駆けつけてくれました。
平日の夕方にもかかわらず大変多くの皆さんが足を止め、枝野代表の熱い訴えに耳を傾けてくださいました。

また、報道関係者も大勢来ていて、立憲民主党並びに山田候補への注目の高さを現していました。
山田候補は、この選挙戦に賭ける意気込み、政治に対する想いなどを熱く訴え、大きな拍手を受けていました。

私は司会進行役でしたが、精一杯の応援演説をさせていただきました。

昨日から期日前投票が始まっています。
千葉県第5区(浦安市、市川市のうち真間川から南部)にお住まいの皆さんは、是非、山田あつし候補に一票をお願いいたします。


日々徒然23:21|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.10.10 Tuesday


衆議院議員選挙が始まりました。
今回、私は千葉県第5区(浦安市、市川市のうち真間川から南部の地域)から立憲民主党公認で立候補した山田あつし候補を応援させていただくことにしました。

山田さんとは、私が初当選した直後からのお付き合いで、もう10年になります。
この間、私の県政報告会にゲストとして数回来ていただき、その時々の政治経済問題について講演して貰いました。
山田さんは新聞記者時代に培われた豊富な経験と知識で常に物事を冷静に分析して判断できる方です。
お人柄は温厚誠実で、有権者の皆さんに私からも自信を持って推薦できる候補者です。

昨日は新浦安駅と市川駅での活動に同行させていただきました。
市川駅ではお隣りの選挙区の生方幸夫候補と合同の演説を行ない、そこに小西洋之参議院議員も駆けつけてくれました。
どちらの会場も多数の皆さんが集まり、熱心に演説を聞いてくださいました。

本当にありがとうございました。

今日から、残り11日間も全力で山田候補を応援して参りますので、千葉県第5区にお住まいの皆さんの山田候補への投票をよろしくお願いいたします。


日々徒然22:28|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.09.26 Tuesday
9月議会真っ只中です。
議会の会期中は、時間の流れがとても早く感じます。色々なことが一度に進行しているからであると思いますが、この9月会議では、以下の日程で、一般質問にも登壇するため、実に目まぐるしくかつ、充実した日々を送っておりました。

質問項目は下記のとおりです。お時間のある方は、ぜひ、傍聴におこしください。

◆一般質問日程 9月27日水曜日 13:00より
※どなたでも傍聴いただけます。



質問項目


1.知事の政治姿勢について

(1)千葉県経済ついて

   ア 県は県内経済の中期的課題をどのように考えているのか。
   イ 課題を解決するために、どのような施策をしていくのか。

(2)観光振興について

   ア 圏央道等の道路ネットワークの整備進展を観光客誘致につなげるため、
     どのように取り組んでいるのか。
   イ ビックデータや各種統計情報の分析結果をどのように活用しているのか。
   ウ 周遊型観光、宿泊型観光の推進について、具体的にどのように取り組んで
     いるのか。
 

2.働き方改革について

  (1)千葉県経済センターが行ったアンケート結果について、県はどのように
     受け止めているのか。
  (2)県は中小企業の働き方改革の取組をどのように進めていくのか。


3.重症心身障害児の支援について

  (1)県内の、主に重症心身障害児を対象とした障害児通所支援事業所の設置状況はどうか。
  (2)県として、今後、主に重症心身障害児を対象とした障害児通所支援事業所の確保に向け、
     どのように支援していくのか。


4.千葉県障害者スポーツ・レクリエーションセンターについて

  (1)施設の利用状況はどうか。
  (2)施設の利用環境の改善に向けた取組をどのように進めていくのか。


5.東洋高速鉄道について

  (1)今後の県の支援方針はどのようなものか。
  (2)今後、会社の決算内容が、平成29年3月期と同じように推移し、
     関係者の支援がない場合には、県はいつ頃会社の資金操りが破たんすると想定しているのか。
  (3)社長について、県職員のOBではなく現役職員を派遣するべきだと思うがどうか。

質問結果は、このブログや矢崎レポートで報告いたします。


活動報告12:19|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.09.25 Monday
2017年6月発行
矢崎REPORT・Vol.38を発行しました。
地方議員が調査・研究活動等のために使用できる「政務活動費」。千葉では昨年10月、ホームページ上での収支報告書類の全面公開などを求める請願が提出され、継続審議となっていました。しかし、今年の6月議会で、自民党及び自民系無所属議員らの反対により不採択とされてしまいました。私は、民主党を代表して請願に賛成討論を行いました。その内容を詳しく掲載しています。
裏面には予算委員会での質疑の抜粋と、常任委員会での「上下水道料金の徴収一元化推進」について掲載。また、「矢崎コラム」では千葉の可能性を拡げる保育士の待遇改善支援について詳しく掲載しております。

画像をクリックするとダウンロードしてご覧いただけます。




矢崎REPORT11:29|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.08.27 Sunday
処遇を理由に辞めたい2割
保育士の処遇改善に更なる支援を 
昨年6月議会の代表質疑で提言し、事業化された「潜在保育士掘り起こし事業」の一環として、保育士資格保有者への意識調査が実施され、結果が公開されました。
回答者の約6割は現役保育士で、内約2割が保育の仕事を辞めたいと考えていることが判明。その理由として、「給料が安い」、「休暇が少ない」が多くあげられ、処遇面の課題が浮き彫りとなりました。また、現在保育の仕事に就いていない潜在保育士で「条件が改善するならば働きたい」とする人は6割にもなり、処遇改善が解決の糸口であることも判明しました。
それを受けて県は、月1人あたり2万円を補助する改善策を市町村に提示しましたが、十分とは言えません。
保育士の処遇改善は人員確保へ、人員確保は保育の質向上や待機児童の減少へ、待機児童の減少は、就労人口の増加や県民の可能性拡大へとつながって行きます。
保育士だけでなく、介護士、看護師、医師など、担い手不足の職業は他にもあります。人への公共投資こそ、県が積極的に予算を割く道であると信じ、こうした職業への支援拡大を引き続き求めてまいります。


矢崎コラム11:45|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.06.30 Friday
過密緩和へ整備前進
第2次特別支援 学校整備計画 
千葉県教育委員会は、障がいのある子どもたちへの特別支援教育を推進するため、「第2次千葉県特別支援教育推進基本計画(案)」と「第2次千葉県特別支援学校整備計画(案)」を公表しました。  特別支援学校整備計画の中に、今後5年間の計画として、肢体不自由・知的障がいの生徒たちが通う支援学校の過密を緩和することが明記されています。現在の生徒数635人から、763人に対応できるよう整備が進められます。
浦安には特別支援学校がなく、障がいのある子どもたちが、長い時間バスに乗ったり、ご家族に送迎されたりしながら、船橋や市川の学校へ通学しています。
市内整備を求める切実な市民の声を県にも届けてきましたが、今回の計画に、市川特別支援学校の学区で、130人規模の受け入れ拡大が盛り込まれました。設置の形態では、増築で30人、学区内の小中学校の空き校舎を活用した新設で100人規模の整備となります。
まだ、どこに設置されるかは未定です。この計画案のパブリックコメントを受け付けていますので、市内整備に向け、要望をお寄せください。


矢崎コラム11:18|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう



 
矢崎けんたろう事務所 〒279-0022 浦安市今川4-2-2-1 Tel.047-720-0929 Fax.047-720-0939 事務所案内