立憲民主党千葉県議会議員 矢崎けんたろうオフィシャルサイト  真・剣・勝・負

LOGIN
立憲民主党 千葉県議会議員 矢崎けんたろう
RSS | ATOM |
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>




2020.01.27 Monday
昨日は浦安市文化会館で開催された浦安吹奏楽団の定期演奏会に行ってきました。
浦安吹奏楽団は市内で最も歴史のある吹奏楽団で今回で27回目の定期演奏会です。
演奏された曲はバラエティに富み、誰もが楽しめる内容になっていました。

演奏会終了後、団長の中森さんとお話する機会が有りましたが、団員が社会人中心のため全員で集まって練習をするのも大変だが、みんな音楽が好きでやっているから長く続いている、とのことでした。
浦安吹奏楽団には、これからも市民に愛される楽団として、素晴らしい音楽を私達に届けていただければと思います。
また、会場では、数年前まで浦安在住で、今はご自身の故郷である愛媛県に戻られている方にも偶然お会いすることができました。聞けば、知り合いの娘さんが出演されているのを聴きにきたということで、短い時間でしたが近況報告等、会話が弾みました。
心地よい音楽と懐かしい方との再会で、心が満たされた日曜日の午後となりました。


日々徒然12:44|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2020.01.05 Sunday
新年明けましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願い致します。
さて、今日は毎年恒例の私が所属しているソフトボールチーム「ドンキーズ」の初詣で清瀧神社に参拝、今年の市民大会で優勝できるように必勝祈願をしてきました。
私もどんな形であれ少しでもチームの役に立てればと思っています。
頑張ります!


日々徒然12:13|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2020.01.01 Wednesday


新年あけましておめでとうございます。
公職選挙法により、私から年賀状を出すことができませんが、皆さまからいただいた賀状を楽しく拝見しています。ありがとうございます。

2020年の年頭の言葉は、「至誠一貫」。今年も日の出公民館の書道サークルで、文化祭出展のために練習した書から選びました。

至誠の出展は、孟子の「離婁章句」にある一節「至誠にして動かざる者いまだこれあらざるなり」(至誠而不動者 未之有也)。「誠を尽くせば、心が動かぬ人はいない」という意味ですが、そこに一貫がつき誠を貫き通す生き様となります。

政治を志す者の胸に熱い「誠」があることが、当然とは言えない時代。森友・加計問題、さくらを見る会など、首相自らの誠実さに疑いが生じても、国民の納得が得られないまま、政権は継続されています。

最も恐ろしいことは、国民がこうした政治に怒りを覚えるほどの関心も持っていないように思えること。事実、今年新聞社が行った調査によれば、日本が直面している課題の解決に、政党や政治家に「期待できない」とする人が7割を超えている状況です。

冷えた政治意識のもと、歴代最長となる安倍政権は、安全保障関連法、組織犯罪処罰法(共謀罪創設を含む)、入管難民法などを強行採決、消費税を増税し、医療や介護の自己負担額の増額を計画、更には、改憲に向け大きく舵を切ろうとしています。

政治家は、誰に対して誠を尽くすべきか。それは、一部の限られた人ではなく普通の国民です。軍事力でも、国際競争力でもなく、普通の国民の幸福度こそが、国力なのだと私は信じています。

今後も、人に寄り添い、家族が食卓を囲んでほほえみ合う、そんな幸せを守る政治を貫いてまいります。
そして、自民党一強体制に風穴を開け、国民本位の議論ができる政治を取り戻すよう、全力で活動してまいります。



年頭にあたり 千葉県議会議員矢崎けんたろう


日々徒然11:11|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2019.12.30 Monday
寒い一日でしたね。
事務所で片づけをしてたあと、来年の活動報告の打ち合わせを終え、高校の同窓の忘年会に向かうところです。

出がけに、家の玄関に、写真の新しいお飾りを飾ってきました。
これは、市川の知り合いが作っていらっしゃるもの。手作りならではの凝ったデザインでありながら、温かさがあり、気に入っています。

2019年を振り返れば、台風15号、19号、関東豪雨が、まず真っ先に思い起こされます。突然の災害で命を落とされた方のご遺族のもとにも、今なおブルーシートに覆われた家屋で寒さを偲んでいらっしゃる多くの県民のもとにも、新しい年が訪れようとしています。復旧・復興のみならず、災害に強い千葉を実現するため、全力で取り組む決意でおります。

また、4月の改選でトップの得票を得て、県議会4期目の仕事をはじめさせていただけたことは、私にとって最も大きな事柄です。その後、千葉県議会立憲民主会派の会長となり、更には、立憲民主党千葉県第5区総支部長を務めることとなりました。皆さまのご支援のお力を今年ほど想った年はありません。
「皆さまがあって私がある」それを胸に、新年も人に寄りそう活動を続けてまいります。

どうぞ、良いお年をお迎えください。




日々徒然19:37|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2019.12.23 Monday
私の事務所スタッフの娘さんが所属している市立船橋高等学校吹奏楽部の定期演奏会が明後日25日、習志野文化ホールで開催されます。
市立船橋高等学校吹奏楽部は県内有数の強豪校でコンクールでも数々の賞を受賞しています。
昨日行われた船橋公演も大盛況だったそうです。
明後日の習志野公演は、まだ若干、席に余裕があるようなので、お時間のある方は、是非、足を運んでいただければと思います。
開演時間は昼の部が12時半、夜の部が17時半です。


日々徒然12:34|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2019.12.02 Monday
昨日は、私の事務所がある今川自治会の毎年恒例の餅つき大会がありました。
天候にも恵まれ、多くの住民の方が参加して大変盛り上がりました。
私も餅つきをさせていただき、皆さんと一緒に良い汗をかくことができました。
各自治会で行われる餅つき大会は、地域住民の交流の場としても大きな意味を持っていると思いますので、年末年始、各地でヨイショヨイショの威勢の良い声が聞こえることを期待しています。


日々徒然12:29|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2019.11.27 Wednesday
今月11日から17日まで浦安市文化会館で第39回市美術展が開催されました。
書道、日本画、洋画、工芸・彫塑の各種目で、力作、秀作が数多く出展されていました。
私も昨年に引き続き、書道の部で参加させていただきました。
今年の字は「有志事意成」です。元々の言葉は後漢書に有る「有志事竟成」で、強い意志で物事を行えば必ず成功する、という意味です。
今回、私は「竟(ついに)」を「意(い)」に変えました。
「意」には、心に思うこと、心に決めたこと、という意味が有ります。
なぜ変えたかと言えば、最初に自分の心に決めた夢や目標を実現するためには、強い意志を持って取り組まなければ出来ないと思っているからです。
ですから私はこの言葉に、強い意志で物事を行えば心に決めたことは実現する、という思いを込めました。

また、美術展に行った時に嬉しいことが有りました。
それは、私が1人で行ったので、たまたま会場にいた方に、写真を撮って貰いましたが、その方に、「この作品から、やってやろうという強い気持ちが伝わってきました。」と言っていただいたことです。
これからも、「有志事意成」の思いを持って自分の責務を果たして参ります。


日々徒然12:23|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2019.11.12 Tuesday
一昨日、第31回浦安市少林寺拳法連盟大会が浦安市中央武道館で開催されました。
私も大会長として参加し、ご挨拶をさせていただきました。
参加した拳士の皆さんは、この1年間、この日のために厳しい修練をしてきました。
演武審査では、各々が1年間の修練の成果を十分に発揮して素晴らしい演武を披露してくれました。
今回は一般の方にも多数参加していただきましたが、少しでも多くの皆さんに少林寺拳法に触れていただき、その良さを理解して、入門していただけるように、浦安市少林寺拳法連盟会長として普及拡大に努めていきたいと思います。


日々徒然12:06|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2019.11.08 Friday
先月27日、私の所属している浦安男声合唱団の定期演奏会が浦安市文化会館でありました。
私の練習不足は否めませんでしたが、指導していただいている関口先生や同じベースパートの皆さんのご指導ご協力のおかげさまで何とかステージに立つことができました。
今回の演奏会のテーマは「心よ響け 心に響け!」でした。
ステージでは合唱団のメンバー1人1人がその気持ちを持って、心ひとつに歌えたのではないかと思います。
私も心を込めて歌いましたので、少しでも聴衆の皆さんに、その思いが届いていたのであれば嬉しいです。


日々徒然12:08|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2019.10.26 Saturday
私が所属している浦安男声合唱団の2年に1度の定期演奏会が明日14時より浦安市文化会館大ホールで開催されます。
今夜は定期演奏会前、最後の練習が当代島公民館で、熱血指導で有名な関口先生の下、いつもとは違う緊張感の中で行われました。
明日の演奏会は「イタリア歌曲」、「わが青春の恋歌」、「土の歌」の三部構成です。加えて今回は合唱以外にも、浦安男声合唱団の魅力を多くの皆さんに知ってもらいたいとの思いから朗読劇でワンステージ設けましたのでご期待下さい。

私が今回のステージの中で特に皆さんに聞いていただきたいのは「土の歌」です。先月、今月と台風や大雨で千葉県も大きな被害を受けました。改めて自然の脅威を感じざるを得ない状況です。一方で自然の恵みが無ければ人間が生きていけないことも事実です。
「土の歌」のステージは、そんな人間と自然の関係は、人間が自然に対して感謝と畏敬の念を持たなければ成り立たないという歌で構成されています。
自然災害が多発する今だからこそ、聞いていただき、考えていただければと思います。
明日は、被災地の皆さんに思いを馳せ、一刻も早い復旧を祈りながら一曲一曲心を込めて歌って行きたいと思っています。
お時間の有る方は是非お越し下さい。
お待ちしています。



日々徒然12:03|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう



 
矢崎けんたろう事務所 〒279-0022 浦安市今川4-2-2-1 Tel.047-720-0929 Fax.047-720-0939 事務所案内