立憲民主党千葉県議会議員 矢崎けんたろうオフィシャルサイト  真・剣・勝・負

LOGIN
立憲民主党 千葉県議会議員 矢崎けんたろう
RSS | ATOM |
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>




2020.07.20 Monday
今朝は妙典駅で、守屋貴子県議(市川市選出)、中町圭市川市議と一緒に駅頭を行いました。
今日は先週の天気とは一転して晴れて暑くなりましたが、多くの皆さんにご挨拶することができました。
これから本格的に気温が高い日が続くと、新型コロナウイルスの感染予防と同時に熱中症予防もしていかなければなりません。体調管理の難しい夏を迎えることになりますが、細心の注意を図りながら乗り切っていきましょう。



活動報告18:55|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2020.07.19 Sunday
今月3日閉会した6月定例県議会において、先月24日に一般質問を行っております。
災害時における車中泊避難や新型コロナウイルスの影響で減少している献血事業等、7項目について質問しました。(詳細−6/15活動報告)

車中泊避難については、課題もあることから、対応については自治体によって温度差があるように思います。しかし、車中泊避難があった場合には、適切に対応しなければなりません。

今後の災害避難においては、新型コロナウイルスの感染予防から、車中泊避難が増える可能性も有ります。千葉県として、積極的に取り組んでいる自治体の事例を参考にしながら、十分な対応をするように要望しました。




活動報告19:01|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2020.07.19 Sunday
昨日、森田知事宛に立憲民主党千葉県議会議員会として、「新型コロナウィルス感染症に係るさらなる対策の強化を求める要望書」を提出しました。会派を代表して、私から加瀬健康福祉部長に要望書を手渡しました。

今回の要望書は、全国、千葉県で緊急事態宣言解除後では感染者数が最高となって、第二波の懸念が現実味を帯びてきた中、県民の皆様、医療従事者の皆様等から寄せられた意見を31項目に取りまとめ、作成したものです。

要望書を手交後、加瀬健康福祉部長と意見交換を行いました。
意見交換では、現在はいない重症者が、今後増えてきた場合に、どのように対応していくのか。そのために、今からあらゆる手を打って、何としても医療崩壊を防がなければならない、との考えで一致しました。感染予防と経済の両立という難しい舵取りを県には求められますが、会派としても個人としても、今回のような要望を重ねながら、県に協力して、県民の命と生活を守るために引き続き全力で取り組んで参ります。
参考までに要望書を添付させていただきます。

----------------------------------------------------------------------------------------------

令和2年7月17日
千葉県知事 森田 健作 様
立憲民主党千葉県議会議員会
会長  矢 崎 堅 太 郎


「新型コロナウイルス感染症に係るさらなる対策の強化を求める要望書」

 緊急事態宣言解除後、7月に入り、隣接する都県で1日あたり過去最高感染者数の更新、新規クラスターの発生、感染経路不明者の増加が続く状況に陥っております。まさに第二波の入り口にさしかかった感は否めません。活動の盛んな若年層にも新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、県内でも接待を伴う飲食店でのクラスター(感染者集団)が懸念されるとして、県が先頭に立って同飲食店の従業員を対象に積極的なPCR検査などの対策を行うよう求める声が県民はじめ県内自治体からもあがっています。感染防止と経済活動を両立していくため、県が事前に対策を講じておく必要があります。

立憲民主党千葉県議会議員会では、地域の皆様等からの要望の多かった項目を中心に要望を取りまとめました。全ての県民が、今般のコロナ禍から安心・安全の生活を取り戻し将来に希望が持てるよう、今後の新型コロナウイルス対策の実施にあたり十分配慮されるよう強く要望します。

(健康福祉・医療関連)
〇PCR検査数の拡充を早期に実現し、37.5度以上、4日間を除外とするPCR検査基準見直し国通知に従い、県民や医療機関に広く周知すること
〇クラスターが発生した医療施設について風評被害が発生しており、その対応によって、医療業務に支障が生じ、かつ医師、看護師、職員等に精神的ストレスが生まれていることから、県から十分な人数の職員を派遣する等して適切に対応すること
◯クラスター対策チームによる分析を実施し、それによって得た知見を広く同種の施設等に通知すること
◯クラスターが発生した場合、医療体制のひっ迫を防ぐため速やかに特措法に基づく休業要請を行うとともに、補償などのための支援制度を設けること
◯接待を伴う飲食店の従業員に対して、県が各市町村と連携して積極的な健康管理とPCR検査などの対策を実施すること
〇保健所の人員体制を強化すること
〇保健所の委託費を現場の負担軽減のため増額すること
〇保健所の負担軽減の観点から、患者の搬送ついては、民間を活用し体制を強化すること
◯感染制御支援チームを組成すること
◯新型コロナウイルス感染症対策広報専任者を配置すること
◯避難所の感染対策を徹底すること
〇医療品、衛生品をはじめとする感染防止資機材が店頭から姿を消すことのないよう県として流通の管理や情報をとらえ適切に発信すること
〇予防接種控えに対応するため、実態把握につとめかつ、必要な対策を講じること
〇障害者工賃減に対し、助成すること
〇県内市町村のあんしん追跡サービス導入を促進すること
〇病院や介護施設、児童養護施設等の建設に際して、個室化支援および多床室への感染防止対策支援を行うこと
(商工)
〇フリーランス等の個人事業主への支援拡大を行うこと
〇中小企業再建支援のさらなる拡充を行うこと
〇県内事業者とともにテレワーク推進に関し、目標を設定して実施していくこと
(教育・文化)
〇休校延長や、次の波に備え、全ての県立学校でオンライン授業を導入するための方針を示し、全生徒にネット環境を整備すること
〇教職員の負担軽減のため、清掃費の増額を行うこと
〇手洗い場や給食室はじめとした水回りの非接触化工事費の助成を行うこと
〇同様に、県は、義務教育課程に対しても市町村と負担を分かち、早急にすべての児童・生徒のネット環境を整備すること。また、合わせて国に対して負担を求めること
〇ホール使用料助成など文化団体の公演支援を行うこと

(その他)
〇持久戦を意識し、早急に「(仮称)千葉県新型コロナウイルス感染症対策基本条例」を制定し国、都道府県、県内市町村、県民はじめ関係機関が一体となって、オール千葉でポストコロナへ取り組むこと
〇県職員の感染予防策の実施と公表を行うこと
〇県職員に対し接触把握アプリの活用を促すこと
〇電子決裁の導入を積極的に推進すること
〇警察官の感染防止対策に必要な対応を図ること
〇国が実施するGoToキャンペーンの県内実施については、新型コロナウイルス感染者が急増している現下の状況を踏まえ、その実施の延期を国に要望するとともに、県内観光事業者等との意見調整の機会を設けること
〇新型コロナウイルス感染症対策関連予算の執行にあたっては、市町村の負担にならないよう県独自で引き受ける事務も含め、現場を支援していくこと



活動報告12:45|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2020.07.17 Friday
今朝は本八幡駅で、守屋貴子県議(市川市選出)、中町圭市川市議と一緒に駅頭を行いました。
雨の中でのご挨拶となりましたが、わざわざ声をかけてくださる方もいて、その度に感謝の思いで一杯になりました。

今日は見明川小、中学校時代の同級生で本八幡駅近くに住んでいる友人が、手伝いに来てくれました。まさかの友人の応援に元気をもらい、雨を吹き飛ばす気待ちで活動することができました。



活動報告12:52|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2020.07.16 Thursday
今朝は行徳駅で、守屋貴子県議(市川市選出)、中町圭市川市議、土屋正順市川市議と一緒に駅頭を行いました。今日も多くの皆さんに、ご挨拶することができました。

新型コロナウイルスの感染者が本日も全国で増え、千葉県でも緊急事態宣言解除後、最多となりました。このような状況では、県としての新たな対策を作る必要があると思います。
明日、県に対して会派でまとめた要望書を提出する予定です。



活動報告18:42|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2020.07.15 Wednesday
今朝は新浦安駅で、吉村啓治浦安市議、よしい由美浦安市議と一緒に駅頭を行いました。
今日も雨が降っていましたが、多くの皆さんにご挨拶をすることができました。
新型コロナウイルスが再び感染拡大の兆しを見せています。
現在、立憲民主党千葉県議会議員会で、現状を分析、課題を抽出した上で、どのような対策を打つことが有効なのか検討中です。
早急に取りまとめて、県に対して要望して参ります。


活動報告12:19|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2020.07.14 Tuesday
今朝は舞浜駅で、吉村啓治浦安市議、よしい由美浦安市議と一緒に駅頭を行いました。
小雨がぱらつく天気でしたが、今日も多くの皆さんにご挨拶することができました。
浦安市内でも新型コロナウイルスのクラスターが発生して、皆さんの不安も増していると思います。
私達も駅頭に当たっては、マスク着用、大きな声は出さない等、感染防止策を取りながら活動していますので、駅をご利用の皆さんには、何卒ご理解いただければと思っています。


活動報告10:18|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2020.07.14 Tuesday
先週の金曜日、昨秋の台風で大きな被害を受けた現状を見るために、立憲民主党千葉県議会議員会の仲間と鋸南町へ行ってきました。
今回は知人から紹介してもらった新井祐司さんに現地を案内していただきました。
新井さんは仕事をしながら、週末ごとに全国の被災地に入ってボランティア活動をされています。
鋸南町にも被災直後から、ずっとボランティアに入っていただいています。
ですので、今回は新井さんから、これまで見てきた鋸南町と、関わってきた住民の皆さんに対する熱い思いを込めての説明を聞かせていただきました。
県内の台風被害からの復旧復興については県議会でも様々に議論され、検証も行われ、県としての対策も立てられました。
しかし、今回の視察で、被災地の皆さんの生活はまだまだ元に戻っていないということがわかりました。
お話を聞かせていただいた女性は、発災直後から約1カ月間、避難所で生活し、家に戻りましたが、未だに家の中は修復されておらず、2階は住めない状況でした。
経済的にも、一部損壊との判定で十分な支援を受けられず、建て直すことも厳しいとのことです。
九州に住む弟さんからは、一緒に住もうと言って貰ったものの、やはり生まれ育った所からは離れられないと、涙声で話される姿には返す言葉が見つかりませんでした。
この他にも、被災された方々から、当時の被災状況や県に対する厳しいご意見等、貴重な声を聞くことができました。
最初の台風被害から約10カ月が経過しましたが、今なお街中にはブルーシートのかかったお宅が多く有りました。
間もなく、再び台風シーズンが来ることを考えると、早急に手を打たなければ、被災されて大変な思いをされている皆さんの安全安心を守ることはできません。
県に対しても改めてこの現状を伝えて、とにかくまずは被災住民の皆さんの生活再建を第一に、全力で取り組んでいきたいと思います。


活動報告10:08|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2020.07.10 Friday
今朝は市川駅で、守屋貴子県議(市川市選出)、中町圭市川市議、土屋正順市川市議と一緒に駅頭を行いました。
風雨の強い中では有りましたが、今日も多くの皆さんに、ご挨拶することが出来ました。
連日の豪雨と新型コロナウイルスが再び拡大の兆しを
見せる中、皆さんの不安の声も多くなってきています。
皆さんの不安を解消するために、引き続き全力で取り組んで参ります。


活動報告12:06|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2020.07.08 Wednesday
今朝は新浦安駅で吉村啓治浦安市議、よしい由美浦安市議と一緒に駅頭を行いましたが、開始前は小雨がぱらつき、途中から止んで、終わる頃には陽が差し込んで来ると言う目まぐるしい天気の中での活動となりました。

今日も多くの方にお会いすることができました。
慌ただしい朝の時間は、会うと言っても一言二言、言葉を交わすだけですが、それだけでも皆さんから元気を貰えます。
新型コロナウイルスの感染懸念がある中では、朝にお互いの元気な姿を確認できる、この時間は、以前よりも貴重になって来ていると感じています。



活動報告12:03|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう



 
矢崎けんたろう事務所 〒279-0022 浦安市今川4-2-2-1 Tel.047-720-0929 Fax.047-720-0939 事務所案内