民主党千葉県議会議員 矢崎けんたろうオフィシャルサイト  真・剣・勝・負

LOGIN
民主党千葉県議会議員 矢崎けんたろう
RSS | ATOM |
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>




2018.06.20 Wednesday
先週13日から6月議会がはじまっています。

今回は一般質問を行うため、議案審議に加えて、原稿の準備やヒアリングなど、いつにも増して慌ただしい日々です。
一般質問の通告内容は以下の通り、今回は来春の改選前の最後の質問になるため、これまで取り組んできた施策や浦安市内の県政課題を中心に取り上げています。
登壇するのは25日(月)の13:00頃となります。お時間のある方は、ぜひ傍聴にいらしてください。
以下のページからインターネット生中継でもご覧いただけます。

千葉県議会


1.鉄道政策について
これまで取り組んできた鉄道政策と言えば「東葉高速鉄道の自立化」と「京葉線・りんかい線相互直通運転」の2テーマ。もちろん、どちらについても質問します。

1)東葉高速鉄道について
多額の負債を抱える鉄道第三セクター東葉高速鉄道。単年決算では黒字となっているものの、返済については県や周辺自治体の支援を得なければならない状況です。経営「改善」では生ぬるく、経営「改革」するくらいの思い切ったマネージメントが必要と、私はこの10年、民間からのトップ登用を提案して来ています。
今回は、最新の決算状況及び自立支援委員会での検討状況を確認し、再度、依存ありきの体質から脱却する経営改革を求めます。

2)京葉線・りんかい線の相互直通運転について
2016年千葉県総合企画部交通計画課が行った「鉄道アクセス向上に関する調査」などで、大きな効果が見込めることがはっきりしたもののJRとの協議が進展せず、動きが止まってしまっている感のある京葉線・りんかい線の相互直通運転。大きな事業ではありますが、実現に向けて粘り強く取り組むと共に、県としてできることを検討して行く必要があります。
そこで、京葉線の複々線化の検討状況はどうなっているのか確認します。
※相互直通運転については、党派を超えた新たな動きもあります。それについては、矢崎コラムでご報告します。

2.分譲マンションの課題について
区分所有者の高齢化、建物の老朽化をはじめ、様々な課題を抱える分譲マンション。東京都では、こうした課題に対応するため、先進的な取り組みが行われています。千葉でも、都と連携を取って、効果的な取り組みを参考にすべきであること、また今後更に拡大する課題に対応する職員の配置を提言し、県の考えを問います。

3.災害救助犬の普及について
地震や土砂崩れなどの災害時に倒壊家屋や土砂等に埋もれ、助けを必要とする人を嗅覚で探し出す災害救助犬。
浦安では、市有地を活用した訓練場で、NPO法人日本救助犬協会の方々が救助犬の育成に取り組んでいます。こうした団体に対する県の支援の考えを聞きます。

4.動物愛護について
2009年から取り組んでいる課題です。当時全国ワースト1,2位を争う数の犬猫を殺処分していた千葉県。その後の取り組みで、2012年には半分近くまで、処分数を減らしています。
それから更に、どのような推移になっているのか、確認します。

5.子ども食堂について
2009年に日本の子どもの相対的貧困率が、先進国でもワースト上位にあることが発表され、話題になりました。現在やや減少したとはいえ、13.9%の子どもが貧困状態にあります。豊かと言われる日本でも、7人に1人の子どもたちが生活に困窮している状況です。
こうしたことを背景に、欠食や個食をしている子どもに、無償または数百円で食事を提供しようとはじまったのが「子ども食堂」です。ここ数年で全国で2286箇所、千葉県でも62箇所の食堂が開かれています。
子どもたちが安心して利用できるよう、県としてなんらかの指針や継続のための支援が必要です。県の考えを聞きます。
また更に、こうした状況下に子ども置かないための抜本的な対策についても議論したいと思います。

6.浦安市内の護岸について
浦安市内の水辺の開放や護岸の整備は、県の動きの影響で進展が見られない箇所が多々あります。以下4点について県の計画を確認するとともに、早急な整備を強く要望します。

1)旧江戸川における護岸の整備状況と今年度の整備予定
2)浦安海岸舞浜地先における護岸の整備状況と今年度の整備予定
3)明海護岸の開放に向けた検討状況
4)入船地先及び日の出地先における護岸の老朽化対策の見通し

以上です。

結果は矢崎レポートやブログでご報告いたします。


活動報告17:43|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.11.22 Wednesday
総合企画水道常任委員会の内容について報告します。

パスポート事務権限委譲の拡大
 昨年7月、県内でもいち早く浦安で始まったパスポート事務。その便利さは、市民のみなさんが一番実感されていることと思います。現在移譲が決定している市区町村は8団体。平成30年度までに全市町村への移譲を目指していますが、現段階ではかなりの数が、翌年度以降に持ち越される予定です。
 市区町村をサポートし、移譲を進めるよう要望しました。

水道行政の推進に民間活用を
 平成28年度水道事業の事業報告書に、運営基盤を強化するために「民間活力の活用による事業推進」と明記されています。
 民間の力を行政に活かすことは、非常に重要と考えておりますので、具体的な内容を確認しました。「今後拡大する管路の更新や整備の需要に対応するため、現場における工事や施工状況等の確認の業務を、可能な限り民間に委託し効率化を図る」(計画課長)とのことです。
 整備推進を図るとともに、成果を測定し、他の事業にも活かせるケーススタディになればと考えます。


活動報告09:27|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.11.15 Wednesday
東京五輪まであと2年余り。複数の競技が開催される千葉県も準備を進めています。開催に向けた会場整備、選手団の滞在施設など、直接的な準備だけでなく、交通の利便性向上、インバウンド対応、バリアフリーの推進など、千葉県という都市のあり方を、大きく見直すチャンスでもあります。
今回の一般質問でも、観光と障がい者スポーツについて取り上げ、五輪を契機に千葉の可能性を最大限に拡げるよう、提言しました。

その内容について、ご報告します。

県議会報告

1.観光振興について
道路整備の進展を近隣観光客誘致に
五輪開催による観光振興は、海外からの訪問に限ったことではありません。むしろ近隣地域から「気軽に行ける観光地」として認知されることは、観光産業の安定化という観点からも非常に重要です。
千葉へのアクセス利便性の向上を最大に活かし、積極的に集客を行うよう求めました。

2.長期滞在促進・東京湾活用
観光課題の解決を急げ
千葉県では、周遊型・滞在観光客の増大を観光対策の課題と捉え、取り組んできています。
以前から提言している東京湾ツーリズムは、昨年度の実証実験に基づき、事業者が海上観光を始めています。この結果も踏まえ、五輪に向けた東京湾の積極的な観光活用を要望しました。

3.室内競技の練習拠点
障がい者スポーツレクリエーションセンターの環境改善を
東京五輪のパラリンピックでは、県内で4競技が行われます。
千葉市稲毛区にある県スポーツ・レクリエーションセンターは、障がい者アスリートたちの練習拠点であるものの、以前から要望されている環境改善がなかなか進んでいません。
障がい者スポーツ団体や浦安市からも要望が出ていることを指摘し、空調設備一台からでも、できることから着手する必要があります。

4.千葉県経済にいて
既存産業振興と新規産業支援を同時に
強い経済は、千葉のポテンシャルを支える基礎体力とも言えます。
現在の本県経済の状況は、個人消費が緩やかに持ち直しつつあることなどから、緩やかな回復傾向にあるといえそうです。、長年千葉の経済を牽引してきた京葉臨海コンビナートを中心とする素材・エネルギー産業は、の国際競争の激化でかつての活力を失いつつあり支援が必要であると指摘しました。また、経済発展のためには、新たな産業の創出が必要であり、県の考えを確認しました。「健康・医療分野を中心に、育成を図って行く」(森田知事)ということ。既存産業の存続と新規産業育成を図り、千葉の「強い」経済を維持・発展させるよう引き続き取り組んでまいります。

5.働き方改革について
働き方改革へ 中小企業の支援を
千葉経済センターが県内企業を対象に、働き方改革の取り組み状況を調査しました。
その結果、。その結果、大手企業の約6割が改革に取り組んでいるものの、中小企業では2割弱であることが判明。県はどのように中小企業の取り組みを促進していくのか質問しました。
取り組みが進まない理由として「知識、情報、人材、資金の不足が考えられる」との答弁。「セミナー開催、アドバイザー派遣、シンポジウム開催、策定中の『第4次ちば中小企業元気戦略』に重要施策として盛り込む」(商工労働部長)などして促進を図るとのこと。
県内企業の99・8%を占める中小企業の取り組みなくして、千葉の働き方改革が進む訳がありません。支援を積極的に行い、ワーク・ライフ・バランスがとれた県民生活を実現するよう要望しました。

6.重症心身障害児の支援について
障害児通所支援事業所拡充に県の支援を
重症心身障害児や日常的に医療的ケアが必要な児童・生徒を受け入れる通所施設が全国的に不足しています。県の見解を問いました。「3月の国の指針では、重症心身障害児に適切な療育支援を行うため、市町村又は圏域での確保を目標にしている。現在市町村が計画策定を進めており、それを待って適切な療育支援を受けられるよう検討する」(健康福祉部長)とのことでした。利用者が使いやすい施設をつくるという観点を踏まえ、支援するよう要望しました。

7.東葉高速鉄道について
県天下り社長より現役職員の登用を
日本一の負債額を抱える鉄道第三セクター東葉高速鉄道。自立に向けた計画的な経営支援と、思い切った経営改革が必要です。、県OBが慣習的に社長に天下るのなら、いっそのこと、バリバリ働ける現役職員を派遣してみてはどうかと提言しました。予想どおり、変える気のない答弁でしたが、この経営体質こそが、東葉高速鉄道のリスクだと私は考えています。今年3月に10年続いた集中支援期間が終了しましたが、未だに長期収支計画が策定されず、新たな支援策が決まっていない状況です。これが民間企業なら考えられない「甘さ」と指摘せざるを得ません。社長人事も含め、引き続き、粘り強く経営改革を求めてまいります。


活動報告12:24|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.10.21 Saturday


衆議院議員選挙最終日前夜の昨夜、山田あつし候補は妙典駅で演説を行ないました。
昨夜も生憎の雨模様でしたが、山田あつし候補は、自分の政治理念や政策を丁寧に話されていました。
私も応援演説をさせていただき、山田あつし候補への投票を、聴衆の皆さんにお願いしました。
雨の中、お集まりいただいた皆さん、帰宅途中にわざわざ足を止めていただいた皆さん、本当にありがとうございました。
日付が変わって、いよいよ選挙も残り1日となりました。最終最後まで1人でも多くの皆さんに山田あつし候補の訴えが届くように頑張って参ります。


活動報告18:05|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.10.01 Sunday


一昨日、千葉県看護協会の皆さんから、千葉県の平成30年度当初予算編成に向けた要望について、民進党として説明を受けました。
説明のあと、現在の看護業界を取り巻く諸問題について意見交換し、最後に千葉県看護協会の星野会長から、民進党千葉県連看護議員連盟の会長を務めさせていただいている私が代表として要望書を受け取らせていただきました。
千葉県看護協会の皆さんからの要望を、しっかりと受け止めて、少しでも看護現場の環境が良くなるように活動して参ります。


活動報告12:30|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.09.27 Wednesday


本日13時から千葉県議会において一般質問を行ないました。
浦安から多くの皆さんに傍聴に来ていただきました。
本当にありがとうございました。
本日の議論の結果を引き続きフォローし少しでも県民生活が向上するように頑張って参ります。


活動報告18:51|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.09.26 Tuesday


今日の千葉県議会では5名の一般質問が行なわれました。
私は本会議終了後、いよいよ明日に迫った自分の一般質問の最終打ち合わせをしました。
明日は、皆さんのご期待に応えられるように、森田知事を始めとする執行部側と、しっかり議論したいと思います。


活動報告12:49|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.09.26 Tuesday
9月議会真っ只中です。
議会の会期中は、時間の流れがとても早く感じます。色々なことが一度に進行しているからであると思いますが、この9月会議では、以下の日程で、一般質問にも登壇するため、実に目まぐるしくかつ、充実した日々を送っておりました。

質問項目は下記のとおりです。お時間のある方は、ぜひ、傍聴におこしください。

◆一般質問日程 9月27日水曜日 13:00より
※どなたでも傍聴いただけます。



質問項目


1.知事の政治姿勢について

(1)千葉県経済ついて

   ア 県は県内経済の中期的課題をどのように考えているのか。
   イ 課題を解決するために、どのような施策をしていくのか。

(2)観光振興について

   ア 圏央道等の道路ネットワークの整備進展を観光客誘致につなげるため、
     どのように取り組んでいるのか。
   イ ビックデータや各種統計情報の分析結果をどのように活用しているのか。
   ウ 周遊型観光、宿泊型観光の推進について、具体的にどのように取り組んで
     いるのか。
 

2.働き方改革について

  (1)千葉県経済センターが行ったアンケート結果について、県はどのように
     受け止めているのか。
  (2)県は中小企業の働き方改革の取組をどのように進めていくのか。


3.重症心身障害児の支援について

  (1)県内の、主に重症心身障害児を対象とした障害児通所支援事業所の設置状況はどうか。
  (2)県として、今後、主に重症心身障害児を対象とした障害児通所支援事業所の確保に向け、
     どのように支援していくのか。


4.千葉県障害者スポーツ・レクリエーションセンターについて

  (1)施設の利用状況はどうか。
  (2)施設の利用環境の改善に向けた取組をどのように進めていくのか。


5.東洋高速鉄道について

  (1)今後の県の支援方針はどのようなものか。
  (2)今後、会社の決算内容が、平成29年3月期と同じように推移し、
     関係者の支援がない場合には、県はいつ頃会社の資金操りが破たんすると想定しているのか。
  (3)社長について、県職員のOBではなく現役職員を派遣するべきだと思うがどうか。

質問結果は、このブログや矢崎レポートで報告いたします。


活動報告12:19|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.09.25 Monday


一昨日、地元の東京学館浦安中学校・高等学校の文化祭「橘華祭」にお邪魔してきました。
今年のテーマは「Catch the moment〜刻め青春の1ページ〜」でした。
校内は活気に溢れ、生徒達が目を輝かせて動いていました。
その姿に若さの特権を見たような気がしたのと同時に、自分の青春の1ページも思い出させて貰った、そんな秋のひと時でした。


活動報告12:34|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2017.09.23 Saturday



今日は浦安市秋季少年野球大会の決勝戦と閉会式が行なわれました。
私も1部の決勝戦を観戦しましたが、決勝戦にふさわしい白熱した試合で7回では決着がつかず延長戦で優勝が決まりました。
閉会式では選手の皆さんに感謝と慰労、そして今後の 活躍に向けての激励のご挨拶をさせていただきました。
野球を通して選手の皆さんが心身共に大きく成長されていくことを願っています。


活動報告18:06|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう



 
矢崎けんたろう事務所 〒279-0022 浦安市今川4-2-2-1 Tel.047-720-0929 Fax.047-720-0939 事務所案内