民主党千葉県議会議員 矢崎けんたろうオフィシャルサイト  真・剣・勝・負

LOGIN
民主党千葉県議会議員 矢崎けんたろう
RSS | ATOM |
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>




2015.11.25 Wednesday
●日の出南小学校通学路
信号設置要望を千葉県警に

民主党の浦安市議会議員吉村議員と連携し、千葉県警本部に信号設置を求める要望書を提出しました。 設置を要望した交差点は、日の出南小学校の通学路にあるもので、吉村議員が保護者に声をかけられて、対応がはじまりました。浦安市、日の出南小学校・日の出中学校校長、各PTAからも要望書が提出されています。日の出の海側では、ホテルや順天堂大学の施設など、大型の建物の建設が予定されています。現時点の交通量だけでなく、地域特有の事情を加味して、設置計画を進めて行くよう要望しました。
県下では、各地から信号設置要望が提出されており、その数は約1000件にも及びます。しかし、年間の新規整備数は60機程度という現状。信号設置のための予算額がどのような基準で決められているのか、また整備数を増やす余地はないかなど、引き続き議会でも要望してまいります。


行政相談12:23|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2015.04.08 Wednesday
市民の方からの相談を受け、県の担当課に要望していた明海2丁目のT字路に信号機が設置されました。
実際に使えるようになるのは5月頃からとのことです。
この道は開通当初から交通量が多く、自転車と車両での接触事故なども起きていた場所です。
近くに明海球技場があり、平日の夕方や土日は自転車で行き来するお子さんも多くみられましたので、事故を心配していた保護者も多かったことと思います。
T字路というのは、車で右折・左折をするタイミングも中々難しいもの。信号機が設置されたことで、事故の心配がずいぶん回避されたと思います。

これからも県民の皆さんの声を県政に届けていきたいと思います。



行政相談13:51|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2014.03.08 Saturday
昨年11月に市民の方からの相談を受け、県の担当課に要望していた伝平橋のガードレール。必要性が認められ、早々に設置が完了しました。

この橋は、舞浜の総合体育館や運動公園、TDL、舞浜駅などに向かう道で、通勤・通学の方だけでなく、スポーツの試合・練習に行く方や、部活動の生徒なども団体で通ります。また、お子さん連れで通られる方も多くいます。ガードレール設置により車道に飛び出してしまう心配がずいぶん回避されたのではないかと思います。
県内にはこうした危険な箇所がまだ数多くあります。財源的な制約はありますが、ひとつでも今回のような改善が図られるように、要望を重ねて参ります。

皆さんも危険だと思われる場所がありましたら、ご連絡ください。

相談時の記事

伝平橋ビフォーアフター.jpg


行政相談15:41|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2013.12.03 Tuesday
1311伝平橋にガードレールを.jpg小学生のお子さんをもつ浦安市民の方から、ガードレール設置の相談を受けました。
場所は、伝平橋(若潮通りの見明川にかかる橋)の車道側。この橋は、新浦安方面と舞浜方面をつなぐ交通量の多い道です。浦安市運動公園が近くにあることもあり、自転車で行き来する子どもや車が多くみられます。幅のある歩道はあるものの、橋の上から釣り糸を垂らしている人や大人数で移動する団体がいたりで、すれ違う際に車道にはみ出ては危険です。
さっそく県の担当課にガードレール設置の要望をして参りました。


行政相談17:15|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2012.02.04 Saturday
以前、浦安新聞に掲載している県議会報告のコラム(→記事)で、被災者支援策として県が独自に設置した「液状化等被災住宅再建支援制度」の申請期間の延長が、事実上決定したことをご報告いたしました。

年が明けて、申請期限(現行は今年の3月末)が近づくにつれ、「その後、正式決定はどうなったか」という問い合わせが増えており、先日も市民の方から「8月に契約した工事が、順番待ちでいまだ着工されず、3月までに工事が完了することはほぼ不可能な状態となってしまっています。現在の期限では、利用できない方も多いと思います。決定の見通しがわかっていれば、その情報を発信して頂けますでしょうか」というご相談メールをいただきました。

そこで、当局で、正式決定までの動きを確認してまいりましたので、お知らせします。

まず、現在の支援制度の申請期限を延長する要綱の改正を当局が行います。申請期間の延長により、予算が必要になりますので、2月議会(17日開会)に提出される24年度当初予算案に、その予算が盛り込まれます。3月16日の採決で、当初予算が議会に承認されれば、正式に期間延長が決定したことになります。

当初予算が否決されることはまずない(千葉県では未だかつてない)ので、期間延長は必ず実行されると考えてよいと思います。

以上、状況報告でした。




行政相談18:40|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2011.10.18 Tuesday
高洲北小学校にお子さんが通っている方からのご相談です。
高洲北小学校への通学路の歩道に、一部ガードレールがない部分があり、あぶないとのこと。
私も実際現場を見ましたが、登下校の時間帯などに、万が一歩道に車が乗り上げる事故があったり、あるいは、こどもたちがふざけて押し合いでもして道路に飛び出したりしたら、大変危険だと感じました。

また、この道路上にあるT地路に、信号を設置してほしいという要望をあわせていただきました。

ガードレールについて、市は、「復興優先であるため、すぐに対応はできないが、前向きに検討して行く」とのこと。
信号については、県警が通行料調査を行った結果「現在は、車両に通行量が多くないため時期尚早」という回答でした。

これまで、信号設置やカーブミラーの設置など、何度も声を届けてきましたが、非常に多いのが「現在は、通行量が多くないため…」という回答。こうした整備に、優先順位をつけなければならないことは理解できますが、その道路や交差点を利用する人や車の量で優先順位をつけるのではなく、危険度や利用者の属性(こども、高齢者など)で順位をつけるべきだと考えます。

事故から守るべき設備が、「事故でも起きなきゃつかない」と市民の方々に言われてしまう現実を、当局はきちんと受け止めなければなりません。市民・県民の命を守ることこそ、行政の果たす仕事の基本なのですから。


行政相談23:59|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2011.06.07 Tuesday
多くの市民の方からお問い合わせをいただいている富岡交番について、県警本部に確認しました。

富岡交番は、5月に開かれた臨時議会の補正予算で、建て替え費用が計上されており、少なくとも今年度中には、新しく建て直される予定です。また、取り壊しは、今月中に予定しているそうです。

震災から3ヶ月、富岡交番は、「被災地浦安」の象徴かのように、何度も報道に使用されました。市民の方からも、「傾いた交番が見えないようにできないのか」、「早く取り壊してほしい」、「早急に再建してほしい」というようなご意見を複数いただいています。

交番の管理を行うのは、千葉県警。震災からこれまで、警察は、避難誘導、被災者支援、被災地応援、計画停電の交通誘導、被災地の防犯などに従事し、傾いた交番よりも優先しなければならなかった仕事があったことは理解しています。
ですが、1度、窓に板を貼る工事の際に足場が組まれており、シートなどで覆いをかけて見えなくすることは、もっと早い段階で可能だったと思います。

東日本大震災では、公共施設だけでなく民間の建物も被害にあいましたが、予算成立の手続きなどもあり、公共施設は民間の建物より、復旧が遅れている感が、否めません。また、学校、交番など、「安全」でなければならない建物が、被災した画像・映像は、報道に使用されやすく「被災地」として深い印象を残してしまうことも、震災にあってみてわかったことのひとつだと思います。市民の方々は、そうした施設を見るたびに、地震発生時の恐怖や被災の現実に、心を痛めることになります。

新たな震災が起こる可能性が高い状況が続く中、今後こうした事柄にどう対処していくのか、行政や警察がすぐに動けない場合の民間との協定などを、定めておく必要があると考えています。

千葉県は、今回の震災を受け、震災対応の在り方を再構築していかなければなりません。そうした中で、被災地発の声を県に届けてまいります。


行政相談19:26|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2010.01.27 Wednesday
昨年、この記事(→「信号要望2件」)でご紹介した日の出と舞浜の通学路の横断歩道ですが、県警に依頼して調査が実施され、文書で回答がありました。

この回答が来る前に、警察と話をしたのですが、県内の信号設置要望は、1,100箇所にも上っており、21年度中に設置できるのは、わずか90箇所。1割にも達していません。信号設置は、早いもの順ではなく、調査のうえ、優先度の高い順に設置が行われますので、交通量の多い箇所、事故が多い箇所が先になります。

今回要望した、舞浜、日の出の信号は、いずれも「現時点において必要性は低い」という結論。
回答文書には以下のように記載されています。

--------------

【舞浜の信号】
現地調査を行った結果、車両の交通量及び横断歩行者等が少ないこと等から、現時点における信号機設置の必要性は低いものと考えます。
 今後、周辺環境や交通環境の変化等があれば、再度検討したいと思います。


【日の出の信号】
現地調査を行った結果、横断利用者は多いものの、車両の交通量が少ないことや直線道路で見通しが良いなど、安全は確保されているものと思われることから、信号機設置の必要性は低いと考えます。
 今後、周辺環境や交通実態の変化等があれば改めて検討したいと思います。


---------------

予算の関係などで、設置可能台数が少ない中、全県的な視点でみると、まだまだ優先すべき箇所があるという判断のようです。

信号機の値段は一基平均約340万円とのことです。大胆な計算ですが、昨年発覚した不正経理額36億6千万円を340万円で割ると、1,076基の信号機分になります。もちろん交番設置や、道路整備、交差点改良、防災施策の強化、学校や公共施設の耐震改修、教育の充実、地域医療体制の強化、市民活動支援などなど、「予算」を理由になかなか前に進まない施策は、信号機以外にも多々あります。しかし、信号機の設置要望が、一気に解決できるほどの不正額ということを、県は深く反省すべきです。

「国民の生活が第一」という視点からみれば、ダムの建設やリニアモーターカーの検討より、信号設置が優先されることは言うまでもありません。




行政相談23:18|メッセージを書く→comments(1)矢崎けんたろう


2009.09.12 Saturday
浦安市議会の折本議員から、立て続けに小学校前の横断歩道の信号設置要望を2件いただきました。
ひとつは、舞浜小学校(上の写真・折本議員撮影)、もうひとつは日の出小学校(下の写真・同)のものです。
折本議員のブログ(→「街角市政相談」)にも書かれていますが、信号要望は、警察に伝え→調査があり→順番待ちをし→予算計上され→入札があり→設置工事となります。
その間にも子どもは、毎日その横断歩道を利用するわけですから、小学校などを開校する時点で、信号を設置することができないものかと思います。

折本議員からは、信号設置と合わせ、千葉県の公金不正使用問題を厳しく追及するよう、ご意見をいただきました。
県全体で約30億円、そのうち警察自らも1億4千万円もの不正使用をしていたとは、恥ずかしい限りです。この件については、改めて別の記事で書かせていただくつもりです。




行政相談23:20|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう


2009.05.15 Friday
昨年、「境川沿いに整備されている遊歩道が、完成しているのになかなか開通しない」という相談をいただき、「財産の移管が終了した後の開通となる」と回答をしておりましたが、ようやく本日、全面開通しました。

川沿いの歩道は、カラーのアスファルトで舗装され、緩やかに描くカーブが周辺の景観とマッチして、とてもいい雰囲気です。
ウォーキングやジョギングコースとしても、市民の方に親しまれる道になるのではないでしょうか。



行政相談21:10|メッセージを書く→comments(0)矢崎けんたろう



 
矢崎けんたろう事務所 〒279-0022 浦安市今川4-2-2-1 Tel.047-720-0929 Fax.047-720-0939 事務所案内