民主党千葉県議会議員 矢崎けんたろうオフィシャルサイト  真・剣・勝・負

LOGIN
民主党千葉県議会議員 矢崎けんたろう
RSS | ATOM |
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>




2010.07.19 Monday
100626.jpg国内外の優れたドキュメンタリー作品の上映活動を行っている市民活動団体「浦安ドキュメンタリーオフィス」主催の上映会で、「猫と犬と人間と」という映画を観てきました。

この作品は、長年捨て猫の世話をしてきたひとりのおばあちゃん稲葉恵子さんが、「動物たちの命の大切さを伝える映画を作って欲しい。お金は出します」と、映画監督の飯田基晴氏に依頼して生まれたドキュメンタリー映画です。

華やかなペットブームの影で、毎日1000頭もの犬猫が殺処分されている事実を淡々と描きつつ、動物たちの命を守ろうと懸命に活動する人々の姿を丹念に追っており、重いテーマでありながら、希望が感じられるストーリーに仕上がっています。作品の評判も高く、全国に自主上映の輪が広がっているようです。

昨年、動物愛護センターを視察し、殺処分を待つ犬・猫たちを目の当たりにして以来、処分頭数を減らす(なくすことができれば一番いいのですが…)ために、県の積極的な取り組みを求めてきました(→過去の動物愛護記事)。

映画のパンフレットに作家の渡辺眞子のこんなコメントが掲載されています。
「人間にもっとも身近な動物である犬と猫が平和に安全に暮らせる社会は、きっと人にも優しいはず。」

千葉の犬・猫処分数は、犬4,040頭、猫6,220頭の計10,260頭(平成20年度)。全国屈指の多さです。




日々徒然23:44|メッセージを書く→comments(1)矢崎けんたろう


この記事に寄せられたコメント
殺処分の件で原因を遡るとペットショップの有りかたから考える必要が有ると思います。
 
登録するだけで商売が出来、売る為に子供をどんどん作るとの事。

また生き物を売買する事も捨てる事に繋がっているように思います。(犬猫は商品ではないと言う事です)

これは私の考えですが人間同士のコミュニケーションにも影響していると思います。(犬猫は基本的には人間に逆らえない。:つまり一方通行のコニュニケーッションですかね)

宜しくご検討ください。

余談ですが今年の中学生の全国ディベート大会の論題は
ペットの売買を禁止する。是か非か です。

必要が有ればわずかの知識ですが説明に致します。
 また、同様の提案を並木さんにもしました。
☆植ルカム(植草) ☆2010/08/04 4:45 PM☆

コメントを書く










いたずら防止のためコメントは、確認後の公開となります。表示まで時間がかかりますので、ご了承ください。

 
矢崎けんたろう事務所 〒279-0022 浦安市今川4-2-2-1 Tel.047-720-0929 Fax.047-720-0939 事務所案内